ほぼ観劇記録。

情報収集癖とネタバレ御免。

観劇 劇団ワンツーワークス『アジアン・エイリアン』

劇団ワンツーワークス『アジアン・エイリアン』@赤坂レッドシアター 公式サイト 観劇日6/26

【作・演出】古城十忍
【出演】奥村洋治 関谷美香子 多田直人 山田悠介 池永英介 山中雄輔
    増田和 原田佳世子 小山広寿 吉澤萌々茄 石川亞子 松尾敢太郎 田村往子

     あなたはいったい誰……?どこから来た……?

     病院の霊安室前。
     室内には交通事故で死んだ、ある男女の遺体が安置されている。
     知らせを聞いて駆けつけた境田健吾は霊安室の前で茫然自失……。
     死んだ女は境田の姪で、死んだ男は境田と仕事上の関わりがあったカメラマン。
     二人は結婚を目前に控えていた。
     ところがその場に、天涯孤独であったはずの死んだ男の姉だと名乗る女が現れ、
     霊安室での「あること」をきっかけに、死んだカメラマンの「素性」は大きく揺らぎ始める……。
     そして、その不可解さを助長するかのように、霊安室のドアの下から「水」が染み出してくる。
     しかしその水は、境田にも男の姉だと名乗る女にも、誰にも認知されない……。
 
     赤坂レッドシアターで、約1トンもの本水を使用。
     舞台上に満ちていく「水」が意味するものは果たして何なのか──?
     「私が私であることの証明とは何か」という問いをスリリングに、
     サスペンスフルに描く衝撃の問題作、17年ぶりに登場。




1トンの水ってこれくらいなんだと。
じわじわと扉の下から出てくる水が怖かったな。
会話が気になってそちらに集中していたら、いつの間にか水が・・・
って水に気づいてなかったのわたしだけかもだけど。

亡くなった男性の戸籍が全くの別人だった・・・
というところから少しずつ謎が解けていくのだけど・・・
それにつれて息苦しくなっていくのが客席側にもじわじわと。

空港での入国審査で外国人をAlienと表記していたと。
日本人以外はエイリアンとな。
昔ほどではないけど今でも差別はあるし・・・
「わたしはそんなこと気にしない」って言いながらも心の奥底は・・・


この日は追加で決まったのかな?アフターイベントがあって、いやいや助かった。
何もなく帰っていたらきっと帰り道どんより。
客演の多田さん山田さん池永さん山中さんによるトークセッション。
テーマは【俺っていったい誰……?】って。わ、難しい。

お目当ての多田さん、今回の役は明るくてかわいい部下。ちょっとあほの子。
「年齢を重ねて劇団ではなかなかやらなくなったけど、まだまだ20代の役もできます!」って。
ほんとかわいかった!!
今までは影のある役のイメージが強くて、そういう役が好きだったけど
今回のようなちょっとあほの子っぽい役もとてもいい。

山田くんは「いつもスパイス的な役が多くて今回のような話の軸になる役はとても恥ずかしい」と。
「その恥ずかしさは大切だよ」と多田先輩ドヤ顔でおっしゃってました。

劇団ワンツーワークスはお初な劇団でしたが
当日パンフもしっかりしているし、始まる前の携帯の電源は~のアナウンスで
ビニール袋等音が出るものも今のうちにおしまいくださいって。とても好感。

本番直前!ワンツーワークスの『アジアン・エイリアン』稽古場レポート - げきぴあ

観劇『君が人生の時』

『君が人生の時』新国立劇場 中劇場 公式サイト 観劇日:6/18

【作】ウィリアム・サローヤン 【翻訳】浦辺千鶴 【演出】宮田慶子
【出演】坂本昌行 野々すみ花
    丸山智己 橋本淳 下総源太朗 沢田冬樹 中山祐一朗 石橋徹郎 枝元萌 瀬戸さおり
    渋谷はるか RON×Ⅱ かみむら周平 林田航平 野坂弘 二木咲子 永澤洋 寺内淳志
    坂川慶成 永田涼 澤山華凛 三浦涼音 一柳みる 篠塚勝 原金太郎 木場勝己

     舞台はサンフランシスコの波止場の外れにある、安っぽいショーを見せるニックが経営する場末の酒場。
     そこには様々な事情を抱えた客がやって来ては去っていく。
     ピアノの名手、ダンサー、港湾労働者、哲学者、警察官、娼婦......。
     誰もがそれぞれの想いを抱えながら酒を飲み、本音をポツリと語り、時の流れに身を委ねる。

     若く美しい放浪者のジョーは、
     いつからかこの店にやって来て毎日朝から晩までシャンパンを飲んで過ごす不思議な男だった。
     この店で出会いジョーの弟分となったトムは、
     客の一人、自称女優の魅惑的な女性キティに恋しているが思いを打ち明けられずにいた。

http://cdn2.natalie.mu/media/stage/1706/0613/kimiga/extra/news_xlarge_DSC_4060.jpg  ↑↑↑ニックが経営する場末の酒場 「君が人生の時」フォトコール:ステージナタリーより


緩やかに時が流れる安酒場。そこに集まる様々な人の人生のほんの一部を
店の片隅でシャンパンを飲む主人公ジョーと一緒にみているようで穏やかな気持ちに。
時代背景を考えると穏やかではないのだけど・・・
だからかな?観ていて不安な気持ちがどこかにあるようで、ソワソワ。
常に舞台全体に纏っている不穏な空気感のせいかな?
いつ争いがおきてもおかしくない状況だからかな?
楽しいこと、幸せなことが起きても、でも結局・・・って悪い方向に考えちゃう。
あっちゃん演じるトムが好きな人と結ばれ、一緒に暮らすために手に職を!
では、トラックの運転手を!でも免許無い!無免許でもいいよ!
そんなトムの帰りを部屋で待っている彼女・・・
って、これトム死ぬよね??と思ってしまったもの。結果死ななかったけど。
ハッピーエンドなのを素直に想像できなくて。
店に来る街の厄介者も、あーこいついなくなればいいのに!って思ったら死ぬし。

主役の坂本くん演じるジョーは歌わず踊らず。
セリフでも「踊れないから」って言ってたけど、いやいや踊れるだろ!
と、心の中でつっこんだ人は多いと思う。
このジョーが何者なのか??
毎日ニックの店でシャンパン飲んでいるお金持ち。
ラストシーンでもうこの店には来ないと。
店に来る人たちの人生の最高のときを見届けたからもう去ってしまうのかな・・・
まさか人じゃなくて、神的ポジション??とか思ってしまったけどどうなんだろ。
また別の街の安酒場で人の幸せをつまみにシャンパン飲むのかな・・・

そんなジョーを兄貴と慕うトム役なあっちゃんはずっと笑顔で可愛い可愛い。
ちょっとアホの子で可愛い可愛い。
何度も、あれ??天使かな??って、目をゴシゴシ。はぁ可愛かった~

酒場を経営するニック役の丸山さんはワイルドでかっこいい~
いいパパなんだろうな~とニヤニヤしちゃった。わたしなら毎日通う!!

http://cdn2.natalie.mu/media/stage/1706/0613/kimiga/extra/news_xlarge_DSC_4080.jpg http://cdn2.natalie.mu/media/stage/1706/0613/kimiga/extra/news_xlarge_DSC_4266.jpg ↑↑↑「君が人生の時」フォトコール:ステージナタリーより




観劇『俺節』

俺節赤坂ACTシアター 公式サイト 観劇日:6/17

【脚本·演出】福原充則
【出演】安田章大 シャーロット·ケイト·フォックス 福士誠治 六角精児
    高田聖子 桑原裕子 中村まこと 西岡德馬
    加瀬澤拓未 久保貫太郎 倉沢学 嶋村太一 高山のえみ 寺井義貴
    深澤千有紀 松本亮 三土幸敏 村上航
    進藤ひろし 今國雅彦 稲葉俊一 草彅智文 曽我部洋士 溝端育和
    熊谷学 森崎健吾 後東ようこ 藤田宏樹

     世の中をとっくり返しに来たんだべ
     気弱なコージの本気の唄は、あらゆる人間の魂に
     捧げる綺麗ごとではない応援歌となる

     演歌歌手を目指して青森から上京したコージ(安田章大)。
     抜群の歌唱力を持っているらしいが、気弱であがり症なばっかりに、いざ唄うとなると緊張してまともに唄えない。
     しかし、演歌に対する思いだけは、煮えたぎるように熱い。
     その熱に感化されたのか、お調子者のギター弾き・オキナワ(福士誠治)は、
     根城とするドヤ街・みれん横丁へとコージを連れて行く。

     そこでコージは偶然、ヤクザに追われているテレサ(シャーロット·ケイト·フォックス)と出会うことに。
     彼女は不法滞在中のストリッパー。コージの演歌は、彼女への思いが募るほどに加速する。
     やがて、飲み屋街で流しの演歌歌手として修行を始めたコージとオキナワは、
     コンビで演歌界デビューを果たそうと、アマチュアコンテストへの出場を繰り返す。
     そんな中、デビューの話が持ち上がるが、
     そこには「コージ一人で、ソロ歌手として」という条件があった……。


原作の漫画は読まずに観劇。
先行応募忘れたのと取れなかったのとでわたし自身では取れなかったのだけど
福士くん好きーの友だちのおかげで観劇できた。ありがたや。
東京前楽だったので、前情報一切なし!とはいかず、色々情報は入りつつも・・・
いい感想ばかりで逆に不安になるやつ・・・安田くんはほぼお初だしな~

って、観終わって



興奮してたんだね自分。

いやー驚いた。
安田くんの歌は、うまいとかへたとかじゃなくて、熱い!のだなと。
それが観ている側に響くのかな。もちろんそういう役どころだからなのだけど。
少しかすれてはいたけど、前楽であんなに歌い上げられるのはすごいな。
ラストの雨に打たれながら歌うシーンは圧巻。

そんな安田くんとコンビを組むオキナワ役の福士くんも最の高すぎて。
客席でよだれ出てたんじゃないかと今更心配に。
ちょっと軽くてダメなやつなのだけど、彼の中にも熱いものがあって
あー!!福士くんも歌ってー!!って何度思ったことか。
サラッと歌う歌声がよくて、もっと聴いていたかったな。
大御所演歌歌手を演じる西岡德馬さんとのやり取りもおもしろかった!
見得を切ったシーンはお2人ともかっこよかった。
黒字に白い星のTシャツ、裸足にサンダル、リーゼント。はぁシンプルで最高。
衣装さんありがとう。

他にも、六角精児さんは流しの歌手でギター片手に味のある歌声だし
中村まことさんのストリップ小屋の支配人はゲスくてゲスくて最低で最高だし
高田聖子さんのアイドル姿と日本語カタコトなストリッパーな姐さんがみられたし
2役目のまことさんと聖子さんの関係もキャハーってなったし、みんな愛おしい。
数役演じているみなさんもどれもいいキャラ。
背景に混ざることなく、それぞれがその場で生き生きとしていて力強かった。

news.orebushi.com

natalie.mu

spice.eplus.jp

enterstage.jp

ilip.jp