ほぼ観劇記録。

情報収集癖とネタバレ御免。

観劇『生きてる時間』

イキウメ カタルシツ演芸会『生きてる時間』@あうるすぽっと 公式サイト 観劇日:2/15

  

【作・演出】前川知大 【出演】柳家三三 × 安井順平 盛隆二 田村健太郎

  

  近未来の日本。国が社会実験を行っている閉鎖都市、金輪町。人口三万人。

  全住民は審査を受けIDを取得する。

  審査には履歴の他に病院での検査、遺伝子情報の提供を求められる。

  IDは手の甲に埋め込み型IDチップを施される。

  街のあらゆる施設、公共、民間を問わず、利用にはIDを用い、支払いも電子マネーのみ。

  全てが一つのネットワークに繋がり、交通機関の利用から飲食、病院、娯楽施設、

  コンビニや自動販売機の買物まで、一括で管理、記録されている。

  プライバシーは筒抜けだが、税金は無料。

  

  この町には裏の顔がある。

  遺伝子情報と現在の生体情報で、疾病リスクから寿命まで算出できるシステムがある。

  更に、その寿命をやり取りすることが可能になっており、人生の残り時間を売り買いできるようになっている。

  時間、命の情報化。

  誰が買い、誰が売るのか。更に住民は、知らずに時間を搾取され、税金のように命を奪われていた。

  その命は、誰の元へいくのか…。

 

2008年に公演された『表と裏と、その向こう』をベースにしたものだそうで。

それも観てみたい!!DVD出ないかしら…

 

今回は、イキウメの実験室・カタルシツと古典落語のコラボ。

演劇と落語で同時に話が進むのかな?と思ったら

落語で語られ、演劇で語られ、ときに混ざり合って…

というかんじで、最初にはっきりとあった境界線は何処に…

落語で笑って、演劇でゾワゾワして…

おもしろかったー!!もう一回観たかったー!!

いつもならもう一回観てたな~というのも今回は公演数が少なくてとても残念。

友だちにもオススメしたかったな。

 

寿命のやり取りはないけど、手の甲にIDチップ埋め込んで~とか

近い将来やっちゃいそうなシステム…

実際、電子マネー楽だなーって思うし…

 

客席のおじさま率の高さにびっくりだったけど、どうだったんだろ??

おじさまたちにイキウメSFは。

イキウメファンだったかもしれないけど。

いつもより多めだったのでね。ちょっと気になった。