読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほぼ観劇記録。

情報収集癖とネタバレ御免。

観劇『天の敵』

イキウメ『天の敵』@シアターイースト 公式サイト 観劇日:5/16


【作・演出】前川知大
【出演】浜田信也 安井順平 盛隆二 森下創 大窪人衛
    小野ゆり子 太田緑ロランス 松澤傑 有川マコト 村岡希美

 

  ジャーナリストの寺泊満(安井順平)は、菜食の人気料理家、橋本和夫(浜田信也)に取材を申し込む。
  きっかけは妻の優子(太田緑ロランス)だった。
  寺泊は難病を抱えており、優子は彼の為に橋本が提唱する食餌療法を学んでいた。

  当の寺泊は健康志向とは真逆の人間だが、薬害や健康食品詐欺、疑似科学や偽医療の取材経験も多く興味があった。
  優子がのめり込む橋本を調べていく内に、戦前に食餌療法を提唱していた長谷川卯太郎(松澤傑)という医師を知る。

  寺泊は長谷川と橋本の容姿がよく似ていたことに興味を持ち、ある仮説を立てて取材に望んだ。
  寺泊は、プロフィールに謎の多い橋本は長谷川卯太郎の孫で、菜食のルーツはそこにあると考えた。
  橋本はそれを聞いて否定した。
  実は橋本は偽名で、自分は長谷川卯太郎本人だと言う。

  橋本の片腕・料理家の五味沢 恵(小野ゆり子)。
  卯太郎の先輩医師・糸魚川典明(有川マコト)。
  糸魚川の孫の弘明(盛隆二)と佐和子(村岡希美)夫妻。
  卯太郎の友人・玉田欣司(大窪人衛)。食の求道者・時枝悟(森下創)。

 

初日観劇。
席についてまず舞台美術に目を奪われた。
壁面いっぱいの瓶。圧倒された。

瓶詰地獄…

始まってすぐに3秒クッキングだったかな?料理番組の撮影シーンから始まり
ゴボウやら何やら切っていく小野さん。実際に料理するの!?と驚き。
切った上にフライパンで炒めて~ってこれは緊張だろうな。
隣に立つ菜食の人気料理家・橋本先生な浜田さんは全く何もやらないし。

何か違和感…

バルサミコ酢の香り~炒めた野菜の香り~って嗅覚まで刺激され
お腹がなりそうなのをこらえつつ、テンポの良い会話に笑っていたら…

また違和感…

あれ?ん?え!?わー!!!って……そういうことか……
ずっと何かゾワゾワして……うわー切ない。

生きていくために必要な切っても切れない食のお話。そこから人の生死まで。
いろいろと考えさせられて、今もなおふとしたときに考えちゃう。

照明も綺麗で効果的だったな。
過去と現在のシーンが行ったり来たり同時に進んだりするのだけど
ごちゃごちゃしないでスッと入ってくるのはさすがだなと。

今回ほぼ出ずっぱりな浜田さんと安井さん。セリフも多くて大変そう。

初日観に来ていた友だちと劇場でばったり♪
観終わって、「浜田さんの白シャツに髭は最高!!」って何回も言ってた。お恥ずかしい。
いやほんと最高なので。というか舞台自体おもしろいのでたくさんの人に観てほしいな~

そして、改めてポスターをみるとゾクッとする。
キャッチコピーの【人生という、死に至る病に効果あり。】もゾクッと。

f:id:watermarron163:20170522130919j:plain


舞台写真


東京公演は6/4(日)まで。
大阪公演はABCホールにて6/9(金)~6/11(日)

しゃばけとリバース。

はわわわぁぁぁぁ

 

平野さんのブログが更新されて。。

 

おーさと兄とのツーショット♪

わー今立さんと顔交換してるー♪

・・・・・

ぎゃ!!わ!!はひゃ!!うひょ!!え!?わー!!きゃー!!

 

 

舞台前にしゃばけ関係の撮影だと。

ちょっとー!!わー!!素敵。素敵なんですけど。

わーどうしよう。わー

 

で、来週『リバース』の第6話に出られるそうで!!

予告にもいたー!!

 


  

 

このときのか!!!衣装の色すごいなと記憶に残ってた。

 

わー地上波で平野さん観られる!!

わーどうしよう。わー

ってもう何かおかしいテンションになっちゃう。

こんなことブログに書いてもってかんじだけど、言いたかったから書いた←

 

舞台上のビジュアルは違うだろうけどこの姿の何かはどこかでみられるってことよね♪

楽しみ楽しみー♪

 

映画『笑う招き猫』

映画『笑う招き猫』@ヒューマントラストシネマ渋谷 鑑賞日5/4

  若手漫才コンビ「アカコとヒトミ」がお笑いの世界で奮闘し

  挫折しながらも固く結ばれた 女の友情のもと夢を追いかける青春物語!

 

トーリー

  ヒトミ(清水富美加)とアカコ(松井玲奈)は、芸歴5年、

  何度も喧嘩別れをしては腐れ縁の恋人同士のようにヨリを戻す、27歳の女漫才師コンビ。

  人気も仕事もほとんどない二人は、アカコの幼馴染の自転車屋・蔵前(落合モトキ)と

  元いじめっ子の先輩で蕎麦屋の大島(荒井敦史)とツルんでは、

  ご近所の厄介ごとに首を突っ込んで、違う意味で慌ただしい日々を過ごしていた。

  そんな二人に、先輩芸人とのトラブルがきっかけで思わぬチャンスが舞い込んできた…。

 

  「行くよ、アカコ」
  「合点、ヒトミ」

 

 

なんかよかったなー

ちょっとキレイに書きすぎでないの?と思うとこはあるけど…

ってのはわたしの心が荒んでるからかな…。ただただ素直に観ると泣いちゃいそうで。

 

とにかくマネージャー役の東京03の角田さんがめちゃめちゃかっこいいの!!

惚れる。角ちゃんて呼んでいたけど、いや、、角田さん。

この角田さん観たさにもう一回観に行きたいもの。

 

  

そしてそして!お目当ての中村倫也くんは

ハマケンさん演じる【アカコとヒトミの大学時代の年上の同級生】の【会社の上司】役。

年下の上司でハマケンさんを、パワハラ??せめるせめるいじるいじる。

からのもうひとシーン。笑!!いい顔芸(顔芸って言うな!)

エンドロールでの倫也くんの名前にもヒャハッ!と。

 

  

観終わって何だか、あーわたしも頑張ろう♪と思えるよい映画。

みかちゃんうまいのにもったいないな~

 

観に行った日は、落合モトキくんと飯塚監督の舞台挨拶付き。

落合くん、挨拶後にはけようとしてまた戻ってきて

「明日も舞台挨拶するので(^^)よろしくお願いします!」って、かわいかった。

映画でもいい役でした♪

 

  

↑↑↑ほぼ書いていること同じだけど、最後に写真撮影タイムあったのでそのときの写真♪