読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほぼ観劇記録。

ひろくあさくゆるゆるとたまにせまくふかくぎらぎらと

観劇053・059『夜への長い旅路』

観劇記録 田中圭

9/7(初日)9/23(東京楽日)観劇 『夜への長い旅路』@シアタートラム

http://www.umegei.com/schedule/455/

作 ユージン・オニール  翻訳・台本 木内宏昌  演出 熊林弘高

出演 麻実れい 田中圭 満島真之介 益岡徹

 

もう大阪公演も終わり~キャストのみなさんはもう次のお仕事へ。さみしいな~

今回は東京公演の初日と楽日を観劇。本当はもっと間に増やしたかったのだけど

平日夜公演の開演時間が早くて(><)うがー!!もっとみたかったよ~

 

初日観劇後の抑えきれなかったつぶやき

はい。このちょっと前に【五体投地】という言葉を知って早く使いたいなぁ~って

思ってたとこで、即行使うというね。

あんな圭くんをこんな圭くんを待ってた待ってた!しかもこんなに近くで!!って興奮。

チケット取ってくれたお友だちの強運により最前列!!(´ii`)ブホー!!

 

で、ちょっと落ち着いてのつぶやき

 

作者のユージン・オニール自身の凄まじい家族関係を赤裸々に描いた作品。

オニールの死後発表されたのだそうな。死後に発表って・・・

 

シェイクスピア俳優だった父ジェイムズ。

麻薬中毒の母メアリー。

酒に溺れ自堕落な生活を送る兄ジェイミー。

結核に冒された弟エドマンド。オニール自身。

 

なんかもう文字にするだけですごい家族。

 

母役の麻実さんはもうね、出てくるだけでまずオーラがすごっっ

そこに、麻薬中毒ときたもんだから・・・

喜怒哀楽の切り替えが不安定で、みていて引き込まれ過ぎた。

 

弟を想うお兄ちゃんな圭くん。

弟を愛しているのに憎んでもいる。難しい役どころを見事に演じていたなと。

優秀な子だったのにどんどん堕ちていってお酒に溺れ~

父からも期待されなくなり~母は病弱な弟ばかりを心配して~

あぁお兄ちゃん(;ω;)

 

このシーン↓↓↓はとても切なかった。

f:id:watermarron163:20151005135434j:plain

 

ま、弟のエドマンドも産まなきゃよかったなんて言われちゃうのだけど・・・

 

楽日のつぶやき

 

この日は後方センターブロック通路横の席。

後ろからみるとまた違ってみえる不思議。

 

またみたいので再演を~と言いたいけど、なかなかに大変な舞台なのでね。